Top > パーティ構築

パーティ構築
HTML ConvertTime 0.046 sec.

パーティ構築 Edit

チーム編成 Edit

クロスマスターのゲーム画面トップの『TEAM』よりチームの変更が可能。
チームを組む際の条件は、キャラクターの合計レベルが12以下になるように組む必要がある。
なお、一部キャラクターを除いて同じキャラクターをチーム内に複数組み込む事ができる。
Brotherhood of Tofuの人物、Goultardなどは重複不可。Count FrigostとCount Harebourgなども同一人物なので重複不可。
同じキャラクターはチーム内2人まで。また、全部で8キャラクターまでとなるため、Level1を12人なんてことはできない。

チームサンプル Edit

デフォルトチーム Edit

Bill Tell,Lil Healey,Bad Aboum,Oscar Kassの4キャラクター。
Level3という低めのレベルながら、前衛、後衛、回復と揃っていてバランスは良い。地味にAPも削れる。

Brotherhood of the Tofu Edit

Yugo,Ruel Stroud,Amalia,Evangelyne,Percedalの5キャラクター。
シーズン2ではさらにAdamai,Qilbyも増えた。
シーズン1の5人には、チーム内にBrotherhood of the TofuがいることでPowerが付与される。

Kinght Edit

Cloud Knight,Drop Knight,Leaf Knight,Flame Knight,Darkness Knightの5キャラクター。
Level3×4人、Level6が1人のため、実際のパーティ構築には1人ないし2人抜く必要がある。
同種族でまとめたチーム。他のKnightが場に存在することで発動する特殊効果がある。

Multiman Edit

Lumino,Shadow,Beelzebug,Krobax,Skale,Trankの6キャラクター。
同種族でまとめたチーム。Level2が6人のためぴったりコスト12になる。
他のMultimanが場に存在することで発動する特殊効果がある。
Powerによってお互いに補強されるものの、Level2であるため過信は禁物。

Bandit Edit

Amakna Riktus,Bonta Riktus,Brakmar Riktus,Sufokia Riktus,Elite Riktusの5キャラクター。
同種族でまとめたチーム。Level2が4人、Level4が1人でコストはちょうど足りる。
また、Elite RiktusのPowerによりもう1人Level2のキャラクターを追加できる。
「(自分も含む)Banditがダメージを与えていた場合」という条件付きで発動する追加効果がある。

Merkator(もしくはGoultard)+低Level数人 Edit

シーズン1で猛威を振るうチーム。
人数の暴力でカマを拾い集め、バフや装備を与えたMerkator(Goultard)で無双する。

クラ4人 Edit

Bill Tell,Evangelyne,Jems Blond,Luk Ylookの同クラスを集めたチーム。
同じクラスの誰一人余らせることなく、合計レベルが12になる。この組み合わせができるのはクラとサディダだけ。(他のクラスは合計レベルが12未満になる、もしくは12を超えてしまう)
Initiativeが29と高く、ほぼ先手を取れる。
射程距離が長く、相手のアウトレンジから一方的に攻撃できる。反面、HPが低く打たれ弱いため、近接されると詰む。
そのため逃げ撃ちが基本となるが、フィールドが狭く、逃げ切れない場面も多い。


なお、シーズン2で新しくクラが追加されたため、全員入れようとするとコストオーバーになる。

サディダ4人 Edit

Amalia,Fern Shock'em,Klor Ofil,Makum Bahの同クラスを集めたチーム。
同じ誰一人余らせることなく、合計レベルが12になる。この組み合わせができるのはクラとサディダだけ。(他のクラスは合計レベルが12未満になる)
ドールをばらまき、相手チームの進路を妨害する戦術に長ける。
進路を妨害された相手チームが集まったところをKlor OfilのManifold Brambleで一網打尽にする。

Goultard+Nox Edit

Goultard,Noxの組み合わせ。
2人しかいないがレベルに見合った強さは圧巻。
引き離され、Armourを付与した相手にNoxの攻撃が通らず、Noxが倒されて敗退となるパターンに注意。

Remington Smisse+Srammy+Ally McZeal+Fern Shock'em Edit

クロスマスターアリーナ フィギュアセット レミントン・スタイルエクスパンションパックそのまま。
Srammy(Luk Ylookでも可)でRemington Smisseを敵陣に放り込み全力のPulsarで叩きのめす。
ダメージを与えられなければ自身のHPをロスするPowerのため、いかに早く攻撃を仕掛けられるかが重要。
Fern Shock'emのドールによって標的以外は足止めでき、多少の反撃はAlly McZealが癒せる。
また少しチームを変更し遠距離攻撃主体にすることで、Pulsarを警戒して接敵を避けてくるのを逆手に取っての遠~中距離から削る作戦も有用。
もちろんそちらでも、接敵されればされたでPulsarをぶちこめばよい。

コンボ Edit

キャラクターやスキルで連携する組み合わせ

近接アタッカー+プッシュバックスキル持ち(Srammyなど) Edit

近接アタッカーはGoultard,Captain Amakna,Merkator,Percimolあたり。
プッシュバックスキル持ちはSrammy,Luk Ylook。また敵味方の位置交換ができるAnna Tommyが起用される。
プッシュバックスキルでアタッカーを前線に押し込み、1ターン目から積極的に攻撃を仕掛けていく。

Henual+Luk Ylook Edit

HenualでAPを増加させたアタッカーをLuk Ylookのプッシュバックスキルで前線に送る。
プッシュバックスキル持ちはSrammyもいるが、Initiativeの関係上、行動順がSrammyHenualになってしまう。

HenualのスキルによってAPを上昇させることでメリットを得るキャラクター Edit

攻撃スキルの消費APが2であるキャラクター:AyanVictor don VoomYugo(Power発動時)、Clot the Crapulous
素の消費APに余りがあり、2増えることによって攻撃回数が増える:Riktus一族、Igar DladorMaskun JohnDiver BirelEvangelyne
また、Katsu MiはSentence→Sword of Fateと続けることができる。
何より最大の恩恵を受けるのがEmma SacreのIop's Wrath。付与さえし続ければ毎ターン恐ろしいダメージが飛んで来る。

Harry Sah+Queen of the Tofus Edit

Harry SahのPowerによってArmourが付与されることにより、Tofuが倒されにくくなりQueen of the TofusのDan To Fuのロマン砲が決まりやすくなる。